HOME > 
新着情報 > 
お知らせ > 
科学的根拠に基づく 飲食店の第三者評価認証制度
2021年7月14日

科学的根拠に基づく 飲食店の第三者評価認証制度

JICCEでは、新型コロナ感染症対策を目的に、医師、厨房設計、店舗設計、換気対策など専門家による第三者評価認証委員会を設立し、各分野の治験に基づいた「飲食店における第三者評価認証制度」を 新たに構築。

新型コロナウイルス感染症対策を支援するサービスとして、自治体や業界団体向けに 提供しています。

 

 制度の詳細はこちら→

 

現在推奨されている感染拡大防止のための取組みや、各都道府県で運用されている第三者認証制度では、業態や店舗規模を問わず一律の基準となっています。

 

しかし飲食店は店舗規模や業態などにより様々であり、それらを一律に判断することはできないことから、要請を受けた飲食店や関連業界から疑問の声が上がっていることも事実です。

 

私たちは、適切な感染対策を講じている飲食店が正しく評価されるには、店舗ごとの事情を加味した科学的かつ公正な第三者認証の制度設計が重要であると考えており、これらの問題点に柔軟かつより有効性の高い対策を実現するため、以下の観点から新しい評価基準を作成しています。

 

  1. ・店舗や客席のレイアウトによる基準の細分化
  2. ・排気設備や空調機器による換気能力の数値化
  3. ・来店客の滞在時間による基準の細分化
  4. ・空気清浄機の能力の数値化
  5. ・専門的知見を有した現地調査員の教育

 

科学的根拠に依拠するこれらの基準を数値化し、感染症対策の実効性をポイントとして計算することで、適個々の店舗の実情に応じたより正確な評価認証が可能となります。

 

・JICCE第三者評価制度 リリース資料(PDF)

 

 

JICCEでは、一般社団法人食文化ルネサンス(略称:JGR)、地図データ企業、株式会社ぐるなび、cynaps株式会社が連携のもと「感染対策ソリューション推進協議会(C-SIDE)」を設立。

全国各地に調査員を有する企業が参画しており、全都道府県における第三者認証制度の速やかなに導入に向けて、全面的なサポートが可能な体制を整えています。

 

・C-SIDE資料(PDF)

お知らせ一覧
トップに戻る